壱番屋の廃棄物転売について壱番屋と長崎県の話

 について自身は「あーこりゃ電話しなきゃダメだね」と書いた。

と言うわけで壱番屋と長崎県に電話した

読者の貴重な時間を割くわけにもいかないので超端的に書く。

壱番屋「我々がルール違反をしたという認識はございません」

長崎県「読売新聞によると壱番屋が選定したダイコーは処理費用が相場より20~30%安かったそうで、そんな安かろう悪かろうな業者を選定したこと、処分を見届けなかった、というのが責任であるという意図です」

自身「7000枚は処分するのを見届けたとかいうのをどこかで見ましたが、全部見届けないとダメって事ですか?」

長崎県「具体的に何枚なら良いとは言えませんが確認を怠ったという意味で責任があると書きました。意見が多数来たので費用が安かったなどの追記はしていません。」

おわり。

にしても商売である以上は安い業者を選ぶのはごく自然のことである。問題は廃棄のチェックであるが罰則でもない限り人件費を割いて処分をチェックするのは困難ではないか?というわけで自身としては壱番屋の方にsympathyするのであった。

パズドラ

覚醒堕ルシを297にするためのノマダンめぐり。

ポケとる

エクストラポケモンゲットのためにレベル上げ。

出身地をズバリ言い当てる「方言チャート」なるものがありました。

 

やってみましたが・・見事にあたり(笑)

これ、あのiPhoneアプリの「アキネイター」みたいなことなんだろうなと。

 

これ、東京女子大の女子大生が開発したそうです。

 

 

ちなみにここで鑑定できるのは

3〜4歳から13〜14歳頃を過ごした場所で覚えた言語・・

だそうですよ。

 

 



出身地鑑定!! 方言チャート

ウソをつくタイミング、うそをつかないと困ったことになる場合

もしくは、絶対に嘘を見破りたいというシーンが

誰にでもあると思います。

 

うそをつく側、見破る側、ともに

その特徴をわかっていれば

うそをコントロールできます!

 

その嘘をコントロールする方法をお教えします!

 

----------------------ここから-----------------------

 

嘘を使いこなせたら?
人のウソを見破ることができたら?

 

と、おもったこと誰でもありますよね。


うそは、時に自分へ利益をもたらすもの。
人を傷つけないためのもの。

 

誰しも1つや2つ、少なくとも小さいことなら必ずウソを使ったことはあるでしょう。

 

★嘘を見破る方法、判別の仕方
★うまくウソをつく方法、バレないウソのつき方

 

これらを嘘をついている人に現れる特徴から身につけてみたいと思い、

「嘘をついている人にありがちなこと」

をまとめることにしました◎


ぜひ参考に。。

↓こちらを参考にさせていただきました↓
「Yes/No」形式の問いかけで、ウソをシンプルに見抜くコツ : ライフハッカー[日本版]

 

 

嘘をついている人に有りがちなこと

 

 

目をそらす

 

 「疑っているならこの俺の目をみろ」というぐらいですから、真実が現れやすいのが目。人間は視覚に頼っているので、ウソをついてる時は何をみて良いかわからなくなり視線が泳いでしまうんでしょう。

 

 

かなりの汗をかく

 

普通じゃないことをしているため、普通ではない反応が起きるんでしょう。体にも。

 

 

声が大きくなる、口数が増える

 

無意識の内に相手を制圧しようという行動に出てしまうんだと思います。

 

 

自分の言葉として語らない

 

嘘をついている人は一人称をあまり使いたがらないようです。自分の言葉として自信をもって嘘を言える人はそうそういないみたいです。責任転嫁したいのでは。

 

 

間違いを認めない

 

小さいことでも反論したりムキになったりするのは、そこからより大きな間違いに気づかれることを恐れるためです。

 

 

本当に、実は、マジで

 

普段以上に連呼しちゃうそうです。自分の言うことに少しでも真実味を帯びさせたいからでしょうか。

 

 

さあどうですか?自分に覚えがある人もいるのでは…。これを知っておけば嘘を見破れるのでは…いやいや、それだけではダメ。もっと大事なことが。それは、

 

 

嘘を見破る方法、必要なこと

 

それは、まずは上に書いたウソをつく人、ついている人の特徴をあらかじめ知っておくこと。

 

そして、

冷静にそれを分析できること。

 

これが重要です。ウソかどうか判別しなければいけないとき。そのとき冷静でいられるか、第三者的にその人をみられるか。そうでないと見破ることはできないでしょう。とにかく冷静に、第三者的に。

 

 

バレないウソのつき方、嘘がバレないようにする方法

 

まずは嘘をついている人の特徴をしっかり把握しておいて、そうしないことが大事です。そしてあえて付け加えるなら、

 

無口でいること

 

しゃべればしゃべるほどボロが出ます。とにかく聞かれなければ何も言わないというスタンスでいましょう。

 

できるだけ嘘を言わない

 

意味がわからないかもしれませんが、つかなくていいうそはつくなということです。嘘が嘘を呼ぶと、のちに何が嘘だったか自分でもわからなくなります。うそは絶対に必要なことところにだけ使いましょう。数が増えれば増えるだけバレる可能性は高くなります。

 

 

貫き通す

 

一度嘘をつくと決めたら、ブレてはダメです。徹底しましょう。誰にも言わないのが一番。言えば言っただけリスクが上がります。どんなに信頼している人でも絶対に言うべきではありません。なぜならその人にとって許せることかどうかはわからないからです。その人のためにも嘘をつくと決めたことは人に言うのはやめましょう。

 

 

自分が聞いて納得できる言い訳を常に考えておく

 

 

まあ言い訳できない嘘もあるでしょう。しかし常にこの意識を持つだけで、とっさに対応できる可能性は上がります。


さて最後に。
嘘を判別する、ウソを見破る究極の方法を備忘録もかねて記しましょう。

 

 

 嘘を100%見破る方法

 

まあ世の中に絶対ということはないのですが。ほぼバレてしまうんじゃないかという方法。

もし相手に嘘を指摘して、認めなかったとしても嘘である可能性が高いと理解できる方法。

 

それは、
話題の中心になっていることについて事細かに聞くことです。

 

あたりまえ!と思うかもしれませんが、注目すべきポイントがあります。

それはその事柄についてどういう視点で語っているかということ。

 

位置関係で言うとわかりやすい。

 

真実を言っている人は、たいてい、
自分から見えた様を事細かに言ってくれます。もし絵に描いてもらったら、自分から見えた光景をテレビ映像のように描いてくれることでしょう。

 

では嘘をついている場合は?

 

この場合、俯瞰で説明することが多い。つまり第三者的視点で、例えば上空からみた場合、そういう説明の仕方になります。

 

実際に体験していないことをしたかのように話すということは、そういう第三者的な視点になってしまうというわけです。

 

自分はここ、相手はここ…という風に、第三者である今の自分が決めて話をしてしまう。

この話、犯罪の証人が嘘をついていないか取り調べる人、聞き手が見破る方法として聞いたことがあります。

 

具体的な「位置」の話でなくとも応用はできそうです。難しいですが…

  

あ、ほんとの最後に言いますが、決して嘘をつくことを奨励してるわけじゃないですよ。

ただ、人のためにつくウソというのも世の中に存在してると思いますので、そういうことに使えれば…。

 

真実の反対は嘘、その反対は真実、さらにその反対は…と表裏一体。わずかな差。この差で人の世がうまく回るなら、表裏を回転させられる人になりたいなと思いました。

 

#カルテット 真紀の右の顔(真実)と鏡に映った左の顔(嘘)の違いがすごい、その理由は? - ひなぴし

f:id:mori17:20140909014502j:plain
この映画を見た後に、こんな話を思い出した。古いビンテージギターの価格が高いのはプレミア価値があるからだけではない。良質な材木が枯渇していない時代に作られれ、今では考えづらいほど良質な材を惜しげも無くギター作製に使う事ができたと言われている。プレミア価値があるだけでなく、ギターとしてのクオリティが高いのだ。

古い日本映画を熱心に薦めてくる人に出会うたびに「昔はよかった的な懐古主義」「古い映画をしってるおれかっこいい的なナルシスト」認定をしていたのだが、いくつかの映画を見て考えを改めざるを得なくなった。ある時期までの日本は、最大の娯楽が映画であったため、才能が映画業界に結集していたのだ。だからこそ、昔の日本映画はおもしろいのだろう。


この映画「日本でいちばん長い日」も、日本の映画が一番盛り上がっていた頃の傑作の一つだといえるだろう。資料的価値から見るべき映画であると断言できるが、何よりも一本の映画としておもしろいから勧められる。

ネタバレもあるので注意。

映画の概要

タイトルの「日本のいちばん長い日」。第二次世界大戦下において、閣僚たちが御前会議において降伏を決定した1945年8月14日の正午から、国民に対してラジオ(日本放送協会)の玉音放送を通じてポツダム宣言の受諾を知らせる8月15日正午までの24時間を意味している。

1967年に東宝35周年記念作品として、豪華製作陣・キャストで製作された映画。半藤一利著(当時のクレジットは大宅壮一となっている)のノンフィクション『日本のいちばん長い日』が原作で、史実にもとづいたノンフィクション映画ということになる。

あらすじは以下のとおり。

昭和20年7月、米英中国よりポツダム宣言が通告される。
政府は閣議を何回も開くがポツダム宣言を受諾するかどうかの
結論は容易には出ない。その間に広島、長崎に原爆投下、
ソ連の参戦と事態はますます悪化する。
結局最後は天皇に直接御聖断を仰ぐことになる。
8月14日、ついに御前会議は開かれ天皇は決断した。
「戦争の継続は民族の滅亡を意味する。速やかに終結せしめたい」
こうして緊迫の24時間、「日本のいちばん長い日」は始まった。

2時間半を超える大作。
この8月14日の昼の12時の天皇の御聖断のシーンまでで20分。
ここでようやくメインタイトルがでるような長い前振り。
この映画の魅力は何といっても日本映画男優オールスターズの
演技合戦だ。
戦争遂行派による軍事クーデターを主軸として同時に壮大なディスカッション
ドラマでもある。

日本のいちばん長い日より

物語は、ポツダム宣言を受諾するかどうかを閣僚が議論しているところから始まり、宮城事件を経て、玉音放送が行われるまでを描いている。

2時間37分と長い映画ではあるが、最後までおもしろく見れた。史実に基づいているため、サスペンス性はそこまで強くないにも関わらず、最後まで緊張感がある。歴史自体が非常に興味深いストーリーであること、俳優の迫力、監督の技量に支えられていることが挙げられそう。

かつてアニメ「AKIRA」が製作された際、優秀なアニメーターが軒並み投入され、その年のアニメ業界のクオリティが下がったと言う逸話がある。当時の有名監督岡本喜八や陸軍大臣を演じる三船敏郎を筆頭に、この映画のキャストの豪華は、この年の東宝の映画製作に支障を来すのではないかというレベルで豪華に見える。

日本の芸能では政治がタブーと聞くことがしばしばあるけど、この時代の日本映画は政治を題材にしたものたくさんあるみたい。

歴史を知る上でも重要な映画。そしてどんどん薄れていく先の戦争の影を胸に刻んでおくためにも。ながい一日を追体験できるこの映画は、ぜひ終戦記念日に見るべきである。まあ終戦記念日じゃなくても見たほうがいいんだけどね。

この映画を見ていて考えさせられたことがいくつかあったので、以下にまとめてみた。

人間が狂気を帯びていくさまと、理性のない自尊心と愛国心の暴走

宮城事件をご存じの方がどのくらいいるだろうか。ぼくは恥ずかしながらこの映画で初めて知った。宮城事件とは戦争終結、すなわち負けを認めたくない若い将校たちが、宮城(皇居)を占拠、日本の降伏を阻止しようと企図したクーデター未遂事件のことだ。

和平をすすめる上司を「生き恥さらし」「卑怯者」と呼び、天皇に戦争終結を撤回させるべく、クーデターを計画する。そのみちすがら、方方で説得しながら協力者を増やす段階で、近衛師団長の説得に失敗。

この時点で、勝ち目のない戦争になんとしても突き進もうと一億総玉砕の国民全員戦死を主張する姿は狂ってるとしか言えない。さらに逆上して近衛師団長を殺害し、命令を捏造して軍の一部を掌握するあたりから狂気が加速していく。

国を守ることは天皇を守ること、という建前のために、天皇の意に背き皇居を占拠してしまうという暴挙。

「本土決戦で玉砕しよう」とか「もうあと二千万、日本人の男子の半分を特攻に出す覚悟で戦えば、必ず勝てる!」とか言っちゃう現実が見えない若い軍人たちが、日本のためではなくもはや自分のメンツのために現実逃避してるようにしか見えない。

クーデターの首謀者の一人、畑中少佐役の黒沢年男の狂った演技の迫力が凄まじかった。狂気のパーセンテージが上がっていく感じが絶妙に気持ち悪い。

そして、理性のない自己愛と愛国心の境界線が融解した先には狂気しか待っていないということが描かれていたとも考えられる。比べると迫力が違いすぎて、失礼かもしれないけど。昨今取り沙汰される事が多いプチ右翼の方々に関しても、自尊心と愛国心のないまぜにして暴走する先には、狂気しか待ってないんじゃないかなということがわかる映画なのではないかと思った。

戦争を終わらせる難しさ、というか軍隊って怖いな

教科書で見れば、「昭和20年7月、米英中国よりポツダム宣言が通告」の後にすぐ「昭和20年8月、ポツダム宣言受諾」とふたことで終わってしまうのだけれども、その行間たるや凄まじい出来事が起こっていたのだなあ…と改めて気づいた。

現実的に見れば、終戦以外の道はないのは明らか。そう考える閣僚は多かったが、ここで軍部を刺激してしまうと、何が起こるかわからないほど緊迫した状況だったことがわかる。

とはいえ、降伏すれば攻撃を中止してくれるのか、とか国体護持できるのかみたいなことを考え始めると。徹底抗戦をするというのも選択肢のひとつだったのかな、とか一瞬思ってしまった。怖い。

「もう勝ち目がないから降伏しよう」という海軍トップと他の閣僚、「戦局を好転させる公算もあり得る」という陸軍トップが言い合ってるこれ以上ない不毛な議論が続く。これも陸軍トップだって勝てるとは一ミリも思ってないけど、「勝てると思ってるって言ってねばったけど、全員から反対されちゃった」的な言い訳がないと、部下たちが納得しないと思って演技してたんじゃないかな。

結局クーデターが起こっちゃうわけで、その考え方は間違ってなかった。いずれにせよ軍人が本気になると要所の占拠とかすぐできちゃうんだろうなというのを考えたことがなかったので、軍隊を統制できるとは限らないってこと、日本人はもう少し考えてもいいよな。

ソースは忘れたけど、人類の歴史上では、軍隊が殺人を行うのは他国よりも、自国内においてのほうが多いらしいし。

戦争中において多数決的に閣議決定をすることは難しいし、やはり軍部の力が最大化するときなので、統制が難しくて怖いなと思った。

あと、現場を知らない中央のエリートだからこそ「もうあと二千万、日本人の男子の半分を特攻に出す覚悟で戦えば、必ず勝てる!」とか言っちゃうんだろうな。二千万人のリアルなイメージがないからこそ言えることだろうし、集団的自衛権の閣議決定できちゃうのも、現場を知らない人独特の想像力の欠如がなせるものなんだろうな。

くだらないことにこだわる「日本人らしさ」が哀しい

ポツダム宣言の受諾を閣議決定して天皇の決断がなされた後も、原稿の誤字脱字で清書し直すとかしょうもないことを繰り返し、宣言の受諾や玉音放送のスケジュールがどんどん後だおしになっていく。このへんのお役所仕事観がデジャブすぎて笑えた。

つまらない儀式に目が行き過ぎて、本質を見失っていく日本人らしさが描かれていて、時代を超えたあるある感がおかしくも哀しかった。

さいごに

以上、映画をみておもったこと。

繰り返しになるけれど、歴史を知る上でも重要な映画。薄れていく先の戦争の影を胸に刻んでおくためにも。ながい一日を追体験できるこの映画は、ぜひ終戦記念日に見るべきである。

というか個人的には終戦記念日にかぎらずあと何回かは見たいと強く思っている。

気になっていながら劇場公開中に観に行くことができなかった「ヒメアノ〜ル」をようやく観ることができた。

f:id:kun-maa:20161128224154j:plain

評判どおりのすごい映画だった。

観終わって3日間経った今でも作品のシーンがいくつも脳裏に浮かんで胃のあたりが重たくなる。森田剛の声が耳元で聞こえるような気がする...

軽い気持ちで観ると間違いなくトラウマとなる想像以上に衝撃的な作品だ。

ちなみに「ヒメアノール」とは体長10cmほどのヒメトカゲのこと。猛禽類のエサともなる小型の爬虫類であることから強者のエサとなる弱者を意味しているのだそうだ。なぜこのタイトルなのか、そして弱者とは...それは観ればわかるはずだ。

 

前半の濱田岳とムロツヨシの秀逸な演技が光るダメダメな二人のほのぼのシーンや佐津川愛美が絡むラブコメ部分はとても楽しい。

こいつらどーしようもねぇなあなんてポップコーン片手にニヤニヤしながら観ていられる。余裕だ。

f:id:kun-maa:20161128224214j:plain

 

それが不気味な空気をまとってくるのは意外なところで挿入されるタイトルから。

このタイトルと出演者名の入り方がスタイリッシュで不気味カッコいいんだけどそれはまた別の話。え?ここでタイトルが入るの?って不思議な気がしたのだがそれが合図のように映画の空気が変わっていく。

それまで無邪気に笑えたようなシーンでさえも背後に不吉な予感が覆いかぶさってしまい素直に笑えなくなる。

 

後半でも濱田岳とムロツヨシがいい味を出しているのは変わらないのだが、それすら凌駕して観ている者を不安な気持ちで埋め尽くしてしまう森田剛の無機質で虚無的な狂気。残酷で吐き気をもよおすような暴力的なシーンの連続の中で見せる森田の飄々として心の欠片も感じさせない表情と口調とその目に宿る静かすぎる狂気。

f:id:kun-maa:20160511094633j:plain

いくらすごい映画だって評判でも、所詮ジャニーズでしょって舐めててゴメンなさいってマジで思った。

 

ありふれた日常生活と隣り合わせに存在し、次第に日常に侵食してくる希望の欠片も感じさせない絶対的な悪意の世界。

凶行に及ぶ森田剛の姿を見るたびにブルーハーツの「トレイン トレイン」のあるフレーズが何度も頭の中で再生された。

森田剛の演じるむき出しの狂気に震えたというと表現が陳腐すぎるだろうか。悲惨な過去とその過去を叩き潰したはずなのに幻影に囚われ続けて永遠に止まってしまった幸せな記憶に凄惨なバイオレンスが重なる。

 

登場人物の演技にもストーリー展開にもすっかりやられた。あまりにも無防備に油断していた。心の奥の大事なものを無理やりこじ開けられてその一部をえぐり取られたような不快感と恐怖心に僕自身が囚われてしまったようだ。

そのせいで今でもフラッシュバックのように映画のシーンが突然頭に浮かぶのだろう。

 

ラストシーンはとても切なくて涙がじわっと浮かんだにもかかわらず、観終わった後の救いようのない絶望感に打ちひしがれた。心を揺さぶられる映画というのはこういう作品を指すのかもしれない。いや、心を潰されるというべきか。

最初にも書いたけど、僕は未だにこの作品の呪縛から逃れられずにいる。今これを書きながら様々な思いが頭の中を駆け巡り、胃がずしりと重たくなり、沈みがちな気持ちがさらに落ち込んでしまった。

 

自分がこんな感じなので、決してすべての人におすすめできる映画ではないと思うが、観る人の心に刺さるすごい作品であることは間違いない。


『ヒメアノ~ル』予告編

 

ヒメアノ~ル 通常版 [Blu-ray]

ヒメアノ~ル 通常版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • 発売日: 2016/11/02
  • メディア: Blu-ray
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 
ヒメアノ~ル コミック 1-6巻セット (ヤングマガジンコミックス)

ヒメアノ~ル コミック 1-6巻セット (ヤングマガジンコミックス)

  • 作者: 古谷実
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/04/06
  • メディア: コミック
  • この商品を含むブログを見る
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly 

https://www.instagram.com/p/BItclR6BFZl/

 

このホームページをオープンするより前にはじめていたインスタグラム。
ビーチシックのスタイリスト・フミさんに、
ビーチシックの世界観をビジュアルでパシッと、
いろんな角度から発信してもらっています。
 
この最新の写真は、私のお気に入り。
この前の東京プールステイの時に、さくっと撮ってくれました。
 
でも、今までで一番いいね!が多かった写真はこちら・・・

https://www.instagram.com/p/BIbX_7HBA3G/

 
箸休め的に入れた、プールの水面写真^^;
まさかのいいね!50!
 
今はまだ、商品が1種類、3色しかないから、
毎度毎度タオル出してるとおなかいっぱいだよね。
という話からアップしたこの水面写真。
究極にシンプルだけど、みなさんの心をつかんだようで。。。
おもしろくって、勉強になります^^
 
これまでにハワイなど旅先で撮った写真などもアップして、
見る人の癒しになるようなインスタにしたいなーと思います^^
 
毎週金曜日が、フミさんによる更新日なので、チェックしてみてください!
 

まさか当選するとかw

タイトル

2018/07/03

今日は谷崎潤一郎の春琴抄を読んでいた。

どうして谷崎へ走ったんだったっけ、作業中ラジオで聞いてた平野啓一郎が語ってたんだったっけか。

忘れた。とにかく、内面の声に従っただけだ。

 

夜が更けた頃に、また持病であるところの憂鬱の発作が起きる。目的がないと憂鬱さによく「追いつかれる」のだった…

たらたらと思考を垂れ流して、いま直面しようとしている課題、超えようとしているハードルの価値を相対化してしまう。

「あれ?俺いま必死こいてこれやろうとしてるけれど、そもそももっと長いスパンで考えたら、こんな些細な達成や、それに付随する高揚感なんてぜんっぜん意味ないんじゃ.....」

なーんてことに気付き始めるともう遅いぞ。

 

意味はあるのだ。

 

だって人はみんな、1日のうちに起こるほんの些細な気分の浮き沈みに固執しながら、そのたびに一喜一憂して生きているのだから。

そもそもそういうもんだから。

けれども身体感覚としてそうは思えなくなってしまう。

 

・・・じゃあ「意味」ってなんなんだ?

自分の人生にとって意味のあるものが自分の脳内で排出される快楽物質の多寡におおきく依存するのであれば、愛着障害によって報酬系のブッ壊れた、恒常的に憂鬱さを感じ取っている僕の脳にとって、人生の8割以上は意味のないことになってしまうぞ。

食欲と性欲と睡眠欲が満たされたときを除いて。

(器量の良くない人間関係を働いてしまって憂鬱さに加速がかかってしまったときは、自分はその障害のせいで精神が不安定状態になっているのだから妙なところに依存してしまったり他人のことを考えるそもそものキャパシティが目減りしているという「状態」なだけってわけで、むしろそれが良くないことだと苦しむってことはちゃんとあるべき「モラル」は知っているのだと考えることでそのブーストに歯止めをかけ精神の健全なる動的平衡を保つ術はもう身につけてはいるけれど)

 

まあこれも明日会社に行けばまた正常に流れ出すんだろうけど

 

と、日曜の夜に書いて下書き保存。知らないうちに眠ってしまった。

月曜日の夜である。

 

日曜は池袋へサンクリに行ったのだった。同人誌だよ同人誌。買いに行ったんだよ。

あーまあこれもさ、自身で発散できない欲望を叶える代替行為であることくらいわかってんだけどさ、ちょうど友達も欲しいヤツあったみたいだし、ちょうどいいかなって感じ。

 

なんだかな、電車待ってるときいろいろ考えついたんだけど、なんか気分とか感覚で記憶してっからそんな気分じゃないときはすぐに忘れちゃうな。

あーあ

とりあえず仕事の内容をコントロールしようという果敢なチャレンジはいまも続いていて、なんだか今週は忙しくないし、明日のことを考えてもちっとも憂鬱な気分にならないので、おそらく上手くいっているのだろう、ひとまずは。

 

散文調にはなるが

 

「ストレッチ」という漫画を買って、(全4巻)「この漫画が描こうとしてるのはユーフォニアムと同じだ!」と思って、「アオとハルと同じだ!」と思って、「日曜日に自殺と同じだ!」と思って、自分の好きな物語の傾向が浮き彫りになったようでしばし赤面する。

けれども意外にも、心は普通を保っている。

 

どのお話も切実な形で他者を欲しているのだ。

いやあ、たまこラブストーリーを見て二進も三進もいかなくなって他頃に比べりゃ、ずいぶんと進歩したもんだとは思うよ。これも俗に言う相対化ってヤツだね。

相対化。

なにか特定の事柄に対し深く意味を掘り下げて、過剰な偏愛を抱こうとする心の働きを止めるのに、この方法が一番効率がいいのだ。

同僚との話た記憶を、所詮は一過性のものだと捉えることができるし、

上司からの評価も、回復可能なのだと分かるし。

日常の一瞬一瞬に過剰に意味を見出していると、それがひいては明日からの自己の行動を規制する心理的な枷になるのだから。

いまお前が過ごしているその「一瞬」は、あまりそこで足踏みしながら留まる必要のない、思ったほどに価値のないものなんだよ。

そ子に描かれている関係性は確かに美しいけどさぁ、

美しいけどねぇ...

「ここ」がわからない奴らを憎しみをたたえた目で見下していたりもしたけどねー...

日常的な相対化が行われると、あれだけ心の重大な位置を占めていた隣人からの評価にもなんら意味を見出さなくなり、行動の規制が解除され、魂が大きく飛躍する。

おお、昔からこれを求めていたんじゃないのだろうか。あれだけネカフェに泊まり込んだり、大学の教室で夜を明かしたり、深夜の公園のベンチで寝たり、何かから自由になりたがっていたのだけれど、それがなんなのかがわからなくって、常に漠然とした不満と苛立ちがあった。何かから逃げようとしていろいろと破壊的な行動をとってはいたのだがその何かってこれなんじゃないだろうか

23年かけてようやくたどり着いたのか。いや14歳の頃からだから9年かな。

以外と長かったな。

コントロール、コントロール。生活の。

その末に目的は達成される、はずである。

 

 

 

それにしても谷崎はハマりそうである。沙村広明の中に彼のイズムを感じるんだよ。沙村広明好きだったしさ。なるほど元ネタこれだったのかって感じ。

痴人の愛を早く読みたい。

こんにちは。

就職活動中はお昼ご飯を外で食べることが多くなります。

ふと美味しいカツが食べたくなって、中野の「かつ真」に行ってきました。

 

このお店はカウンタースタイル。

周りは近くにお勤め?のサラリーマン。リクルート姿なのは私だけでした。

食べログの情報で、「ロースカツを塩でいただくのがおすすめ」と書いてあったので

ロースカツを注文。ご飯は大盛無料ですよ。私は普通にしました。

 

カウンターだと、実際に作っている人の姿を見れるから楽しいですね。

f:id:chierinko:20170514125728j:image

カツの他にお漬け物とトン汁がついてきます。

 

f:id:chierinko:20170514125733j:image

分厚いカツだけど、中はピンク色できれい!

外はサクッと、中はジューシーです。ソースと塩でいただきます。

 

私は12時頃到着しました。その時は席が空いていましたが料理が運ばれてくる頃には外で待つ人も。時間がない人は開店直後を狙った方がいいかもしれないですね。

 

また近くを訪れたときには行きたいお店です。

20170822160414

暮らしやすい家づくりを目指して、収納や収納アイテムを見直し中です。先日すっきりとさせた洗面所をさらにすっきりと快適に使うために、洗濯カゴをスリムなものに買い替えました。

 

つい先日、洗面所に置いていたお風呂掃除グッズを洗濯機の側面に収納して、狭い洗面所がすっきりしたところでしたが、次に気になるのは横幅のある洗濯カゴです。

お風呂掃除グッズの収納方法。狭い洗面所では洗濯機の側面を利用する。 - ひつじ日和

 

ダイソーの500円プラスチックバスケットを洗濯カゴとして使っていたのですが、我が家の狭い洗面所では存在感がありすぎて、洗濯機から洗濯物を取り出す時もちょっと邪魔になっていたので、もっとスリムな洗濯カゴを探していました。

 

私の洗濯カゴの歴史についてはこちらの記事をどうぞ。

洗濯カゴを「3COINSのランドリーバッグ」から「ダイソーの500円バスケット」に変更した理由。 - ひつじ日和

20170822160425

 

スポンサーリンク

 

スリム洗濯カゴ Like-it タウンバスケット スカンジナビアスタイル

Amazonでいろいろと洗濯カゴを見ていて、これだ!と思ったのが、Like-it タウンバスケット アイボリーという商品。奥行きが27cmなので、我が家の狭い洗面所に横置きにしてもすっきりとします。

 

置いてみるとこんな感じです。ダイソーの500円バスケットよりもスリムで、網目状になっているので洗面所によくなじみます。高さもあるので、洗濯物がたっぷり入りそうです。

20170822160414

新しく購入したスリムバスケットとダイソーの500円バスケットを並べてみました。新しいバスケットは、ダイソーのバスケットよりも4cmから5cmスリムなので、これなら洗濯機から洗濯物を取り出す時も邪魔にならなそうです。

20170822160404

 

気になる場所は、少しずつ変えていく

今回は、狭い洗面所を快適にするためにスリムな洗濯カゴに買い替えました。ちょっとした違いだとしても、暮らしていると「そのちょっと」がストレスの元になるので、暮らしやすいように少しずつ収納や収納アイテムを改善していきたいと思います!

 

■今回購入した洗濯カゴは、こちら。アイボリーのほかにもブラウン、ピンク、グリーンがあります。お値段もお手頃で、買い替えてよかったです。

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

・トイレスリッパを丸洗いOKの「Mianshe」に買い替え!手入れが楽で、頻繁な買い替えも不要です。 - ひつじ日和

・「モノは使えればいい、モノにこだわらなくていい」と思っていた私が、モノにこだわりたくなった3つの理由。 - ひつじ日和

・【洗面所を白に統一したい】白いバスブーツとバスブーツ専用フックを購入。 - ひつじ日和

・食器棚がない我が家。食器収納を見直しました。 - ひつじ日和

・唯一のサンダルが壊れたので、クロックスのサンダルを購入。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ